全ページ1471391
トータル254341
今日8
昨日3
アーティファクト
 

 

 

アーティファクトとは

一言で言えば「強力な装備品」です

作成には少々特殊な手段が必要になりますが

他の装備では出すことが出来ない性能を持っています

 

性能自体は様々で、強いものも弱いものもあります

そのあたりは

 アーティファクト一覧 とか お勧めアーティファクト

あたりを参考にしてください

 

アーティファクトを作るために

まず、アーティファクト作成の最低条件ですが

 ・キャラクターが老年期であること

 ・作りたい装備の技法書(レシピ)を用意すること

 ・素材の収集と魂片を溜めておくこと

などが必要となります

 

作成する為には各国の神殿街収魂の司祭と話してみましょう

とりあえず老年期になったら、何か技法書を持って収魂の司祭を尋ねてみればわかるはずです

 

年齢は、実際の年齢であって、外見を偽っていてもダメです (逆に老人ならば青年に偽装していても作れます

技法書は、1つ作るごとに1個消費されます

素材ですが、基本の素材と、付加したい能力に合わせて追加の素材が必要になります

魂片は加齢ごとに2個入手できます (Detail→プロフィール→基本情報 で確認できます

 

また、魂片は使用するための契約のために、作成時と同じ量が必要になるので注意してください

一度契約すれば、壊すかトレードするまでは契約状態のままになります

 (つまり、魂片を消費するのは最初の1回だけです

 

作成から使用までの注意点色々

まずは基本の注意点

 ・アーティファクトの作成の為には、スキルは一切必要ありません

 ・作った後のトレードは自由ですが、フリーマーケットには仕込めません

 ・契約後のトレードは、契約が解除されて、消費した魂片も戻ってきません

 ・親子での共用は可能で、受け渡しには銀行の共有倉庫を利用すればOKです

 ・作成者契約者が別々でも問題はありません

 一部の素材はトレード不可能です (アップデートにより、現状はすべて可能になってます

 

作成時の注意点

 ・補正の選択は作成時限定です、慎重に・・・

 ・同じ補正は複数つけることが出来ません (数字が違えば別の補正としてカウントされます

 ・補正は合計8個までしか選択できません

 ・スキルの補正は4種までしか選択できません

 ・発動呪文は1つだけしか選択できません

 ・増えた素材は、必要素材が2ページ目に追加されているので注意しましょう

 ・同種の補正を複数つけると、乗算ではなく加算されます

 スキルと補正のカウント例:

  攻撃30%、攻撃50%、剣攻撃スキル15%、剣攻撃スキル20%

  と追加した場合、2種4個とカウントされます

  実際には、武器自体の攻撃力+80%、剣攻撃スキル+35%となります

 

使用上の注意点

 ・全てのアーティファクトは、魔力付与になっています

 ・ほぼ全てのアーティファクトに、装備条件やステータスのペナルティはありません

 ・全てのアーティファクトは、修理可能です

 ・兜系のアーティファクトは、不思議な帽子屋が利用できます

   (その際契約解除の警告がでますが、実際に解除されることはありません

 ・魔術発動の確率は約30%で、攻撃の命中時にのみ発動します

 ・発動する魔術は、使用者の能力に依存します (2次スキルなどの効果を受けません

 ・地面に落とせない為、デスペナなどで失うことはありません

 

その他

 ・作成者のファミリーネームが「○○収魂」として表示されます

 ・作成者が全キャラを消した場合、この収魂は消えます

 ・作成には老年期が必須ですが、契約は子供でも魂片さえ足りていれば可能です

 ・たとえアーティファクトといえど、スキルやステータスの限界までは突破できません

 

 

魂片の蓄積

結構裏技に近いネタなんで、見ないことをお勧めします

また、ある程度理解していることを前提に、説明を省いている部分が多いです

それでもいいから見たいという方は、続きを適当に工夫して見てください

 

まず、基本として、契約をするメインアカウント1つに対し、作成用のサブアカウントが2~3つ必要です

 

契約に必要な魂片は、メインアカウントが継承をある程度の効率で繰り返す場合

1世代目を残して、2世代→3世代→4世代という直系継承なら

 子育て  魂片12

 幼年+少年  魂片14

 結婚+育児  魂片8

 通学前提で幼年の猶予  魂片0~6

となって、総計34~40が確保できます

 

そこで、1世代→3世代→5世代、2→4→6というような隔世継承を繰り返す場合

 子育て  魂片12

 幼年+少年  魂片14

 結婚+育児  魂片8

 幼年+少年  魂片14

 結婚+育児  魂片8

 

 通学前提で幼年の猶予  魂片0~6

 

となって、56~62もの魂片がメインアカウントで毎世代確保できることになります

 

同様に確保できる魂片を考えると

 実子隔世継承 魂片56~62 11年ループ (22年を2本並行

 養子隔世継承 魂片44~50 10年ループ (20年を2本並行

 実子直系継承 魂片34~40 11年ループ

 養子直系継承 魂片22~26 10年ループ

というようなループが見えてきます

 

実子を用意しなければならない手間はありますが

56~62という魂片は殆どのAFとの契約を可能にします

 

 

 

なぜサブが2つ必要かというと

この方法では、作成する側に1年あたり5以上の魂片が必要で

これを満たすのは最低3キャラクター以上です

 

メインと同様のループを回した場合だと、期間内だけでは老人になれないため、作成が不可能です

つまり、作成用の老人3人が居なければこのループを支えることは出来なくなります

 

 

 

あと、この部分に関する突っ込みは、メールか私のブログにお願いします (わざわざ反転してますので

 

 

 

 

 

 

 

 

 
好きな魔術の属性は?
大地を揺るがす地属性
全てが凍てつく氷属性
世界を焼き尽くす炎属性
大空を震わせる風属性
破邪と癒しの光属性
破壊と悪疫の闇属性
空間を統べる時属性

 

 

This Site is Written by TP (黒猫)

BelleIsleCR
  

1LBBS :間違いの突っ込みや、情報提供、このページへの要望、普通のコメント 等など何でもどうぞ

comment  name

まだ修正漏れがあったみたいですね 削除しますTP2007-10-26 00:44:06
[作成用のアカウントも宝箱を開けにいける程度の能力が必要です] ←これはもういらないのではないでしょうか? 2007-10-26 00:28:12

・コメントは全角50文字 名前は全角10文字以内

・どちらかが未記入か、両方が全く同じ書き込みがあると、エラー出ます

・タグとかは使えません

・ページごとに記録されます